トレーナー

HISAYO 女性 A型 獅子座

177.jpg

認定資格

2007年 IYC認定SLOW YOGA指導者資格取得

2010年 GYROTONIC® TRAINER LEVEL 1 認定

2010年 GYROKINESIS® TRAINER LEVEL 1 認定

2010年 ピラティスCoreIntelligence 認定

2012年 Fusion Pilates 産前産後のケア認定

2016年 Sage lymph method MRT基礎 リンパケア初級 取得

自己紹介

実は私こそが、トレーニング嫌いで、動くのも苦手(好きではありました)、体型のバランスは悪く、歪みや不調だらけ、とっても癖のある姿勢で動き方でした。

ダンスが好きで、美しい体型になりたい、もっと気持ちよく動ける様になりたい、もっと上手になりたい、痛みなく動きたい、人並みの体になりたい(笑)、そう言う気持ちからボディワークを始めました。

最初はマッサージ、その後にヨガ、ピラティス、最後がジャイロトニック®︎とジャイロキネシス®︎の出会いだったと記憶しています。

ダンスとヨガでは、両方大好きだったにも関わらず、形の美しさばかり追求してしまい、私の場合は根本的な体の状態を見つめるに至らなかった様に思います。またピラティスでは、体の力を抜く事が出来ずに、なにか真を掴むことが出来ませんでした。

ジャイロトニック®︎とジャイロキネシス®︎の程よい動きの流れが私にとっては合っていて、最初はよく分からないままに、終わった後の気持ちよさとほぐれを感じる事が出来ました。

他のエクササイズが良くなかったという事ではなく、タイミングや私の性質に、このエクササイズがピッタリと合っていたのではないかなと思っています。

心と体のつながりを体感

最初は、肉体改善のためにエクササイズを始めた私ですが、ある時期からは心へのアプローチをする事でさらに体が変わった様に思います。ここでは、感情や思考など精神的な部分を”心”としてまとめると、体を動かしているのも、心を動かしているのもおんなじ脳。

心のクセを知る事から脳のクセを読み解き、脳のクセを変える事で体も変わっていく。またその逆もある。

心が変われば体も変わるし、体が変われば心も変わる。

私にも、体と心の変化がシーソーの様に順々にやって来ました。

三位一体を目指して

結果的に肉体的なアプローチだけには限界があり、精神的なアプローチ、最終的にはエネルギー的アプローチ(氣と言ったら良いでしょうか、スピリチュアル的に言えば魂かもしれません)の全てが必要ではないかと感じています。三つのバランスが大事な様です。

エクササイズはもちろん肉体的なアプローチですが、それ以外に私がやっている事あれこれをHP上でも紹介させて頂きました。

痛みや不調は敵ではなかった

痛みや不調を敵にして戦っていた時期もありましたが、それらが自分の状態を教えてくれている事にも気付きました。痛みや不調は、体が歪んでいるよ!バランスが崩れているよ!自分を大事にしていないよ!などのメッセージをくれていたのです。

どんなにトレーニングしても、「絶対に壊れないからだ」にはなりません。生きている限り調子が悪くなる事もあれば壊れる事だってある。ですが、痛みや不調から今の状態を知り、対処していく事は出来ます。トレーニングしていくと自分のクセや傾向がわかります。自分をより理解した上で痛みや不調に上手に対処出来ると、自分への信頼が生まれるのも感じました。

たとえ完璧な体でなくても、エクササイズの中で自分を知り、心が満たされていきました。

辿り着いたこたえは「自分のからだが知っている」

健康法、マッサージ、エクササイズ、解剖学、東洋医学、食、心理学、哲学、スピリチュアル、エネルギー学、様々な情報や知識を出来る限り詰め込んできましたが、全ての知識を知るのには限界があり、そんな事を知らない赤ちゃんや野生の動物ほど元気で伸び伸び生きている不思議。また経験を重ねるほど、知識は全ての人に当てはまる訳ではなく、時と場合、人によって正しい事は変わることも学びました。

トレーニングしながら確信したのは、自分の体にとって必要なもの、良いことは自分の体が一番よく知っているという事です。元気に楽しく生きる方法をちゃんと教えてくれます。

容易に知識を手に入れられる現代、体の声よりも頭の声に意識が向きがちです。けれど外側の情報だけを頼りにしていたら、膨大な情報量の中で迷子になってしまう。

本当は、こたえは外側じゃなく内側にある。そんなこたえに辿り着きました。

こんなに簡単なことなら、誰でも体の能力をもっと活かせる!これはたくさんの人に伝えたい!そんなふうに思ってセッションをしています。

 

広告